読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dehio3’s diary

仕事、生活、趣味のメモ

洗濯機上に棚柱を使って棚を作った。

前々から収納を改善したかった洗面所にやっと手をつけました。

作成前

f:id:dehio3:20160511110033j:plain

作成後

f:id:dehio3:20160511110157j:plain

収納力が大幅アップ!!

作成前は既製品の洗濯機置き場用の棚を使用してたのですが

収納力が少ない

見た目ださい

スペースを活かしきれていない

ということで、今回棚を自作しました。

材料

棚柱(2本)

洗濯機の上部のスペースをフルに活用したかったので、洗濯機の位置から天井までの長さに近いものを購入


棚柱用ブランケット(3セット)

上部のスペースから3段はいけそうだったので3セット購入


バスタオルを置いたときに30cmは奥行きが必要だったのと、最上部は出し入れしやすいように奥行きを25cmにしたかったので、どちらの奥行きにも対応できるように長さは25cmを選びました。

棚板(3枚)

実際は近所のシマホームズで購入してます。

カラー棚板1(ホワイト) ¥1,680 2枚
横:90cm 縦:30cm 幅:1.8cm

カラー棚板2(ホワイト) ¥1,380 1枚
横:90cm 縦:25cm 幅:1.8cm

実際の横幅な88cmだったので、お店でカットしてもらいました。


ネジ(棚柱用)

棚柱の穴が3.3mmだったので合わせているのと、木柱(下地)があるところに取り付けているため、石膏ボードを貫通して木柱(下地)に届くように45mmを選んでます。 (内装やだった父親に確認して45~50mmがいいとの事でした)

f:id:dehio3:20160511113917j:plain

ネジ(ブランケット用)

こちらもブランケットの穴に合わせて3.5mmにしたのと、棚板の厚みに合わせて16mmにしてます。

f:id:dehio3:20160511113941j:plain

ポイント

実際に作ってみて重要だなと感じたポイント

下地がある所を選んで棚柱をつける

今回棚柱の位置が両サイドになっていないのは、左の端に下地がなかったからです。 窓の両脇に下地があったためそこに合わせて取り付けてます。 下地がない場合はアンカーを使用する必要があるなど、少々面倒になるのと、必要な工具なども増えるため、少しバランス悪いですがこの位置で設置しました。 載せるものが重量になる場合は、ちゃんと考えた方がいいと思います。(今回はタオルなどの軽量なものだけだったので)

棚板をつけるネジ穴は遊びがある方で

f:id:dehio3:20160511142730j:plain

ちょっとわかりづらいですが…

ブランケットのネジ穴はまん丸と横長の丸があり、横長の丸の方を使用しています。

棚板にブランケットを付ける位置を決める際に、実際に棚柱に仮置きして決めていました。 ただ、仮置きで記した位置でブランケットを取り付けて、実際に棚柱に取り付けと横幅や角度が微妙にずれており、微調整する必要が出てきます。 その際に、横長の穴を使用していると、ネジを緩めるだけで微調整が出来るの綺麗に取り付けることができました。

最後に

今回初めてのDIYでしたがとても安上がりに楽しくできたので今後はまりそうです!!

次回は庭の目隠し(ウッドフェンス)に挑戦したいと思います!!